MENU

薬剤師はモテるのか?世間の薬剤師に対するイメージから解説していく

20181012122457

 

目次 

 

世間の薬剤師に対するイメージ

 

 大抵の人は、薬剤師に対して「それなりの収入があって、安定している」という漠然としたイメージを持っているだろう。

 

一般的に、医師、薬剤師、看護師などの医療職のイメージは良いはずだ。なぜなら、人の命に関わるという、現状では100%無くなならない仕事だからだ。さらに国家資格が必要なうえ、独占業務であるという点も大きい。

 

中でも医師のイメージは圧倒的に良いだろう。社会的信用も段違い。さらには一番モテる職業と言ってもいいだろう。(芸能人やスポーツ選手など、特殊なものは除く)

医師免許は、他の追随を許さない攻守共に最強の資格と言っても過言ではない。

医師であり容姿もそれなりの男性に口説かれたら、全く興味を示さないという女性はほとんど居ないはずだ。

 

薬剤師も医師ほどではないが、十分に世間受けの良い職業だといっていい。

 

 

薬剤師の魅力

 

薬剤師の魅力は、なんといっても転職が楽なとこだろう。独占業務資格職の強みとも言える。

普通は転職というのはなかなか大変なこと。落とされることを仮定し、いくつもの会社を受ける。結構な消耗戦である。

 

薬剤師の場合は求人がいくらでもあり、製薬会社、病院、研究機関、調剤薬局、ドラッグストアなど、さまざまな所からの需要がある。

中でも一番楽に決まるのはドラッグストアだろう。ドラッグストア勤務の薬剤師はネットだとバカにされがちだが、そんなものを真に受けてはいけない。一般のサラリーマンの平均よりは収入は上だ。

ドラッグストアは全国各地に多く存在しており、転職も容易。

プライベートを重視し、「沖縄でバカンスをしながら働きたい」と言い、沖縄で働く薬剤師がいても不思議ではない。

それだけ、融通の利く仕事だということだ。

 

そもそも薬剤師は就職活動自体も楽だが、その代わりに国家試験があるのでイーブンだろう。

 

また、薬剤師は女性が働きやすく、活躍もしやすい職業だ。男性に遜色ない収入を得られる。それも国家資格職の強みである。

事実、薬剤師は女性も多い。一般企業のOLの平均より確実に多い種乳を得られるだろる。

共働きで妻が薬剤師だったら、夫としては大きな助けになるはずである。

 

ズバり、薬剤師はモテる

 

薬剤師は、職業としては十分モテる職業だと思うが、結局は人次第である。

「なんだよ、結局顔じゃねーか!!※ただしイケメンに限る、じゃねーか!※※※※※※!!!!!dkfjvhfn」

と思ったかもしれないが、じゃあ逆に

 

めっっっちゃ可愛くない女が薬剤師だったら、好きになりますか?

 

とまあ、極端なブラックジョーク的な質問はさておき、結局はあくまでもモテる"ベース"である。

同じようなイケメンでも、バイトと薬剤師だったら、薬剤師を選ぶだろう。

中には、「職業なんか関係ない!どうしてもあの人がいいの!」というありがたい女性も少なからずいると思うが、結婚ということを考えると、男性の職業という項目はなかなか避けては通れない要素だろう。

 

つまり、薬剤師がモテるというのは"+α"程度に思っておくといい。

やっぱり、一番大切なのは相手への接し方や想いの強さ、人としての魅力だろう。

"自分"という人よりも、自分の薬剤師という"ステータス"に飛びついてくる女性と付き合いたいですか?

 

つまり、この職業に就けばモテる!なんていう都合のいい職業など無いのである。

「俺は薬剤師だからモテる!」なんて豪語している人は、未来永劫モテることはないだろう。